老後資金2,000万円を準備するには投資・資産運用で何年必要か

老後資金を投資で資産形成する

2019年6月3日に金融庁の報告書でまとめられた人生100年時代の資産形成では、老後に2,000万円の金融資産が必要であると勧告されました。資産運用するとして、2,000万円準備するには何年かかるのか計算してみました。

金融庁の報告書について詳しくはコチラ。

投資による資産形成

国はもう年金で老後を守ってはくれない!金融庁が報告書で投資による資産形成を勧告

今回は一般的な投資として、投資利回りにかかる税金も含んで計算しています。確定拠出年金(iDeCo)やつみたてNISAなどの税制優遇された制度を使うとより短期間で老後資金の2,000万円を積み立てることが出来ます。

毎月一定額を積み立てて複利で運用する

基本的な考え方として、資産運用(本目的の場合)では毎月一定額を積み立てていきます。家庭によって積み立てられる金額は様々だと思いますので、積立金額ごとに見ていきましょう。縦軸が運用・積立期間、横軸が利率を表しています。

複利の考え方が基本になるので、複利ってなに?という方はこちらの記事をご参照ください。

複利と単利の違い

投資の基本「複利」と「単利」を理解しよう

なお、計算には積立計算(複利毎課税)というウェブサービスを利用し、課税も含めた計算をすることが出来ました。(便利!)

毎月3万円積み立てて運用した場合

3% 5% 8%
10年 4,056,939 4,397,869 4,970,473
20年 9,194,980 10,897,932 14,191,612
30年 15,702,214 20,505,059 31,298,574
40年 23,943,486 34,704,413 63,035,175

毎月3万円の積立だと25〜35年程度かかる見込みです。20代であれば毎月3万円の積立で間に合いそうです。

毎月5万円積み立てて運用した場合

3% 5% 8%
10年 6,761,600 7,329,799 8,284,176
20年 15,325,044 18,163,268 23,652,873
30年 26,170,469 34,175,184 52,164,666
40年 39,905,992 57,840,861 105,059,365

毎月5万円の積立だと20〜25年程度かかる見込みです。30代であれば毎月5万円の積立は必要になります。

まさに私がこの30代なのですが、毎月5万の積立ってかなり重い。。

毎月8万円積み立てて運用した場合

3% 5% 8%
10年 10,818,587 11,727,716 13,254,727
20年 24,520,130 29,061,324 37,844,712
30年 41,872,875 54,680,473 83,463,721
40年 63,849,785 92,545,677 168,095,490

毎月8万円積み立てると、15年前後で2,000万円に届きます。40代なら8万円は積み立てたいところです。

毎月10万円積み立てて運用した場合

3% 5% 8%
10年 13,523,229 14,659,655 16,568,423
20年 30,650,175 36,326,686 47,305,937
30年 52,341,111 68,350,650 104,329,753
40年 79,812,263 115,682,195 210,119,575

毎月10万円の積み立てとは全く想像もつかない世界ですが、、10万円を積み立てることができれば15年足らずで2,000万円到達です。

積立金額と運用利回りで2,000万円に到達する期間まとめ

3% 5% 8%
3万円 36年 30年 25年
5万円 25年 22年 19年
8万円 17年 16年 14年
10万円 15年 13年 12年

毎月積み立てていける金額はご家庭それぞれかと思いますが、現実的に20〜30年くらいの時間がかかると言うことがわかりました。毎月の積み立て金額は大きく感じますが、表の通り早く始めれば始めただけ良いのには変わりません。

ちなみに筆者が最初に確定拠出年金を始めた時は、月額5,000円から始めました。少ない掛け金でも少しずつ金融リテラシーが付いてくるのでおすすめです。